プラセンタ原液化粧品ってどんな効果があるの?

効果が高いプラセンタ、注射やサプリも良いけれど、お肌に直接つけたらもっと効果的かもm・・・

 

実際、「プラセンタ原液配合の化粧品」というのもあり、かなり効果があると注目を集めています。

 

でもそもそも「プラセンタ原液」っていったい何でしょうか?

 

そして、「プラセンタ原液化粧品」にはどんな成分が含まれていてお肌にどんな効果があるの・・・?

 

様々な疑問がありますね。

 

そこで、「プラセンタ原液配合の化粧品」について調べてみました。

 

プラセンタ原液配合の化粧品に興味がある方、これから買おうとしている方、是非ご覧ください。

 

プラセンタ原液

 

「プラセンタ原液配合美容液」という謳い文句の化粧品がありますが、そもそも「プラセンタ原液」とはどういったものかわかりますか?

 

「プラセンタ原液」とは、胎盤からプラセンタの有効成分を抽出したエキスのことで、薄めたり化粧品の成分を加えて加工する前の状態の事を指しています。

 

加工されていないプラセンタ原液、とありますが、実際の所はどういった状態が「原液」かというちゃんとした決まりがないため、「プラセンタ原液」といっても水で薄めてあったり、防腐剤や保存料、香料が入っている場合が多く、無添加の場合は腐敗や劣化を防ぐための冷蔵保存等、取り扱いが難しくなります。

 

そういった混ざり物のない、純粋なプラセンタ原液を使って作っている化粧品を買いたい場合は、製造工程や品質管理等も含めて信頼できるメーカーを見つけてそこから購入するのがお勧めです。

 

プラセンタ原液の成分と効果

 

さて、高濃度状態のプラセンタには、

 

アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸、活性ペプチド、ヒアルロン酸といったお肌に効果的な成分が含まれています。

 

これは、プラセンタの濃度が高ければ高いほど豊富に含まれています。

 

また、プラセンタは馬や豚からプラセンタを抽出、加熱殺菌されるのが常識でしたが、最近は特殊なフィルターや処置によって加熱殺菌せず、加熱によって激減してしまう成分をそのまま化粧品に配合されているというケースもあります。

 

また、そんなプラセンタ原液配合の化粧品には、保湿力アップ、お肌のターンオーバーの正常化、美白効果、アンチエイジングなど、女性にとってうれしい効果がぎっしりと詰まっているのです。

 

プラセンタ原液配合の化粧品、どうやって使うの?

 

プラセンタ原液の化粧品は、基本的に洗顔後のお肌に直接使うタイプのものが多いようですが、使う場合は使用上の注意や使い方をしっかり読んで、正しくお使いください。

 

基本的には適量を手に取って、手のひらで温めてから顔全体になじませ、両手で抑えたりして浸透させるのがお勧めです。

 

特に首回りや目元や口元、デコルテは年齢が出やすいので念入りにつけてあげましょう

 

また、コットンにしみこませてパックにしてみたり、乳液に混ぜて使ったりする方もいるようですが、衛生上、混ぜたものを作り置きすることは奨励されていません。

 

また、敏感肌の方やアトピー肌の方は特に、防腐剤や刺激物が入っていないプラセンタ原液化粧品を使うようにしましょう。

 

副作用はあるの?

 

さて、気になるのが、プラセンタ原液化粧品の副作用です。

 

一般的に、名前の良く知れている信頼のおけるメーカーのプラセンタ原液は品質管理が行き届いていて成分も原料も保存状態も厳しい条件をクリアしたものであることが多いので安全性が高いと言われています。

 

けれど、プラセンタにはタンパク質やアミノ酸が含まれているので、アレルギーを起こす可能性は高いようです。

 

もしも使用していて体調が悪くなったなら、使用するのを止めてかかりつけのお医者さんに相談するようにしましょう。

 

まとめ

 

プラセンタ原液の化粧品についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

 

プラセンタ原液は成分もその効果も高いので、プラセンタ化粧品を使うのであればプラセンタ原液が配合されている化粧品を使いたいところですね。

 

そして、もしもプラセンタ原液配合化粧品を選ぶのであれば、トラブルを避けるためにも、口コミ情報や公式サイトでの情報を良く調べて、納得できるものを選んでみてくださいね。