プラセンタの副作用は危険なの?(本当のところを知りたい!)

「プラセンタ」、飲むと身体の不調が良くなると評判のサプリです。

 

芸能人や日頃から忙しく働いている方や加齢による不調で苦しんでいる人に人気のプラセンタですが・・・

 

一部で、このプラセンタに副作用がある、という噂があります。

 

また、その副作用もかなり危険なものだとか・・・

 

実際、プラセンタは豚や馬の胎盤から抽出、生産されるので、その生産過程で雑菌が入ることはないのでしょうか?

 

プラセンタの副作用や安全性がちょっと気になったので、そのあたりを調べてみました。

 

医療用プラセンタと市販されているプラセンタサプリの違いは?

 

さて、「プラセンタ」には医療機関で処方される「医療用プラセンタ」と、一般に市販されている「プラセンタサプリ」があります。

 

医療用プラセンタは「ヒトプラセンタ」で、国内の病院で正常な分娩によって出産した人の胎盤を使って抽出されます。

 

それは、厚生労働省で認可されている国内のごく一部の限られた製薬メーカーの管理下で生産されているので、医療機関でのみ使用され、また重大な副作用も報告されたことがありません。

 

一方、市販されているプラセンタサプリは、ブタや馬の胎盤から抽出、生産されます。

 

馬は体温が高く、寄生虫などの心配が少ない動物と言われていますが、豚は馬よりも若干寄生虫が多いと言われています。

 

ちょっと心配ですよね・・・

 

ところが、厳重な健康管理と衛生管理体制の中で育てられたブタや馬から抽出、厳しい管理基準の中で生産、加熱処理され、高い品質と安全性のプラセンタサプリとなり販売されていて、プラセンタサプリの中に豚や馬の雑菌が混入・・・という報告は今まで無かったようです。

 

また、プラセンタの中でも「SPFプラセンタ」は、特別な管理体制の農場で豚が育てられて、病原体や寄生虫を持たないクリーンな豚の胎盤から生産されたプラセンタで、有効成分が高く安全性が高いといわれています。

 

もしも、どうしてもプラセンタの安全性が気になる方でしたら、この「SPFプラセンタ」のサプリを選ぶのも一つの手段ですね。

 

気になる副作用は?

 

高い品質管理基準の中で生産されているプラセンタ、製造過程で牛や豚が持っている病原菌等は滅菌、殺菌されているとしても、プラセンタそのものに関する副作用が心配です。

 

基本的に、プラセンタに関する大きな副作用の報告はないようですが、ごく一部で、飲むことによって出てきた体の不調が皆無ではないようです。

 

まず、プラセンタを摂取しはじめは、身体の機能が正常化される途中に生理周期が早まったり出血が多くなったり、あるいは軟便などが起こる場合もありますが、これは飲み続けてゆくうちに納まってゆくそうです。

 

また、一部、プラセンタのアレルギーを持っている人がプラセンタエキスを飲み、湿疹が出たり、紅斑やむくみが出た、という副作用の話を聞きます。

 

プラセンタそのものの安全性はかなり高いですが、アレルギーを持っている人が飲むと相応の副作用が出る事もあるようなので、気になる人はプラセンタサプリを飲み始める前に医師等に相談してみることをおすすめします。

 

また、他の薬を服用している場合は、その薬とプラセンタサプリの飲み合わせによって思わぬ副作用が出る場合もありますので、プラセンタサプリを飲んでも平気かをかかりつけの医師にちゃんと確認してから飲むようにしましょう。

 

まとめ

 

医療用プラセンタに関しては、大きな副作用の報告はありませんので安心して服用することが出来ます。

 

プラセンタサプリに関しても、製造過程において豚や馬の雑菌が入り込むことはほぼ内容ですので安心しました。

 

そして、飲み始めた時に一時的に出る不調はあるものの、大きな副作用はないように感じます。

 

ただし、プラセンタのアレルギーを持っている方や、他の薬を飲んでいる方にはそれなりの注意が必要ですので、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

 

大きなアレルギーを持っていなければ、安心してプラセンタサプリを飲むことが出来ますよ。