「プラセンタで乳がん予防」その噂、本当なの?

「プラセンタ」は女性の体の不調を回復させる成分が豊富に含まれている・・と最近話題になっていますね。

 

そんな話題に紛れて「プラセンタでがんが治った!」「乳がんはプラセンタで予防できる」という凄い噂まで聞こえてきました。

 

この噂、本当なのでしょうか?

 

「がん」や「乳がん」は、現在完全治癒方法も撲滅方法も存在せず、様々な研究機関が研究している最中です。

 

果たして、プラセンタでがんや乳がんを治したり予防できたりするのか・・・実際の所どうなのかちょっと調べてみました。

 

プラセンタとがんの関係

 

プラセンタが乳がんやがんの特効薬となりうるのか・・・それは現在、様々な研究者や医療研究機関が研究中で、現在も国の内外で乳がんやがんとプラセンタの関係についての論文が発表されています。

 

そんな論文の中には、「とあるがんにプラセンタ療法を処置したらがんが完治した」とか、「がんの抑制に効果がある」という報告も確かにあります。

 

しかし、決定的に「プラセンタはがんを治すことが出来る」などといった完治報告の論文は皆無で、「プラセンタが、がんの治療に何ら役に立つ可能性はある」とは言いつつも結論が出ない状態、医学的に証明されていない状態のようです。

 

プラセンタでがん治療?

 

そんな中、重篤ながん患者さんにプラセンタを処方する事もあるそうです。

 

それは、がんによって鬱になっている人に、鬱の解消方法の一つとしてプラセンタを処方する、という治療方法です。

 

実際、がんで余命三か月と言われて気鬱になっていた方がプラセンタ処方によって気持ちが明るくなり、治療に前向きに取り組めるようになり、余命三か月のがんを完治させてしまった・・・という話を聞いたこともあります。

 

プラセンタで直接がん細胞を撲滅! という訳ではありませんが、気鬱が治ることによってがんが治ったと考えると、プラセンタは意外とすごいですね!

 

プラセンタで乳がん予防?

 

女性にとって一番怖いがんと言えば「乳がん」ですが、この乳がんの原因の一つは、「ホルモンバランスの乱れ」とも言われています。

 

そしてプラセンタには、女性のホルモンバランスを正常化させる働きがあります。

 

ということは・・・乳がんの発病を抑える効果がある・・・という考え方もできますね。

 

これに関しても、様々な研究機関や医療機関が研究を重ねている最中で、まだ結論が出ていませんし、医学的に証明されていません。

 

よって、「プラセンタで乳がん予防できる」というのは現在は単なる噂です。

 

まとめ

 

プラセンタが癌を完治させる切り札になる、あるいは予防できる・・・これらはまだ噂の段階で、医学的に証明されている事ではありません。

 

「プラセンタでがんが治った」「乳がん予防にプラセンタが良い」という噂は嘘のようですね。

 

けれど、プラセンタが身体に良い影響を与えているのは本当、飲んでいる方はぜひ飲み続けてほしいですし、様々な体の不調が気になる方は、この機会に試してみるのもよいかもしれませんね。